自分の目に合わせたレーシックで視力をバッチリ回復させよう

女性の眼

角膜にレーザー

レーシック手術の生い立ち

メガネの医師

視力が悪い人に今注目されているのが、レーシック手術です。レーシック手術とは、角膜にレーザー光を当て角膜の曲率を変えることで視力を回復させる方法です。最近メディア等で紹介されるようになり耳にするようになりましたが、日本でその技術が認可されるようになったのは12年前の2,000年になります。元々、角膜の屈折矯正手術は1,800年代に始まりました。その後、日本やソ連、アメリカ等で角膜手術に関する様々な技術が確立されましたが、1,980年代にアメリカで角膜手術に使用するレーザー機械が開発されたことにより、本格的なレーシック手術が行われるようになりました。日本全国でもレーシック手術が一般的になり、東京・名古屋・大阪等各地域ににレーシック手術を行う病院が設立されるようになりました。

今後はどうなるか

レーシック手術の技術が確立されてから、10年近くが経ちました。10年前と比べて手術に関する技術は格段に進歩し、安全性や視力回復効果は格段に上昇しました。一昔前の視力矯正と言えば、コンタクトレンズやメガネの使用が一般的だったのですが、現在ではその中にレーシック手術が入ってくるようになりました。飛行機のパイロット等の特定の業種では現在はレーシック手術を受けることは認められていませんが、近い将来それも認められることでしょう。日本全国にレーシック手術を行う病院が出来ました。名古屋にもそのような治療院・病院は沢山出来ています。2,015年現在、10から20件程あります。レーシック手術に対するニーズが増えているため、これからもその数は増えていきます。栄えている名古屋駅前だけでなく名古屋全域に数が増えるようになります。